コンピューター分析は

万全なコンピューター対策


トップ / 万全なコンピューター対策

コンピューターをスキャンする

ウイルス対策を万全にするためには、定期的にコンピューターをウイルス対策ソフトでスキャンする必要があります。最近のウイルスは、インターネットを見るだけで感染するものがあるのと、ウイルスだけではなくマルウェア・スパイウェアと呼ばれる悪意のある、情報漏洩を引き起こすプログラムが知らない間に侵入することも考えられます。「知らない間に」入ってしまうため、定期的にコンピュータをスキャンすることで、可能な限り早く発見・駆除をするよう心掛けなければなりません。スケジューリングすることも可能なので、使わない時間帯にスケジュールして発見・駆除に努めたいところです。

スキャンの意味合いについて

コンピューターとスキャン、といえば何が思いつくでしょうか。おそらく、ウイルスの検出などの、ファイルを分析してなんらかの結果を出すといったことか、もしくはスキャナー機能を持った機械による「画像の取り込み」かのどちらかだと思います。スキャンとは元々、「走査する」と言う意味の言葉です。コンピューター内でウイルスなどのファイルを分析する、すなわち「走査する」こと。画像をプリンタなどで「走査」し、ファイルの内に写しとるということ。同じことをしているのですが、前者はパソコンの中、後者はパソコンの外で行われることがこれらの違いとなります。